HOME > 税理士紹介

税理士紹介

ご挨拶

このたびは「歯科専門コンサルネット」のサイトをご覧いただきありがとうございます。
姫路で唯一、歯科専門サービスを提供する会計事務所として運営させて頂いております。

私はこれまで、多くの歯科医師の先生とお仕事をさせて頂き、多くを学ばせて頂きました。
中でも、歯科医師という職業は毎日の拘束時間が長時間に及び、精神的・肉体的にもこれほどハードな仕事なのか、と当初とても驚いたのを覚えております。

院長先生は、毎日の患者様の診療だけにとどまらず、スタッフの教育や勤怠等の人事管理、地域での医院の認知度を高めるためのマーケティング、医院の資金繰りといった財務管理など、医院経営に必要な全ての責任を担う大変な仕事を抱えておられます。
日々多くの患者様の診療をこなしながら、これらを院長先生お一人で完璧にこなすことは相当大変なことです。

そのため、私は院長先生の傍で経営をサポートする税理士として、院長先生の想いを親身にお聴きし、医院のことを一緒になって真剣に考え、先生の想いを共有するパートナーでありたいと考えております。

そうすることで、院長先生がお一人で抱えられている医院経営の重責の負担を和らげるとともに、積極的な助言や提案により、院長先生の想いに共感する患者様で溢れる医院づくりを支援させて頂きます。

税理士紹介

講演実績

租税法研究会、近畿青年税理士連盟大阪支部、戦略MAP研究会、その他自主開催セミナー等。

執筆

「Q&Aグループ法人税制の実務ポイント」(ぎょうせい「旬刊 速報税理」2010年8月11日号(共同執筆))

趣味等

趣味は地酒の飲み比べ。特に京都伏見の地酒「英勲」と姫路の地酒「龍力」をこよなく愛しています。

食べることが大好きなのですが、姫路に来て驚いたのが、お刺身の美味しさ。
実はそれまであまり好きではなかったのですが、姫路で妻のお父さんからごちそうになったとき「お刺身ってこんなに美味しかったのか!」と三十路を超えて初めて食に感動を覚えました。

良く食べてよく飲むため、割とガタイがいい方で、何かスポーツをしていたのか?と聞かれることがあるのですが、スポーツは苦手な方です。

小学生時代は少年野球に入るも、守備はライトで万年補欠でした。
中学生時代は、ちょうどソウルオリンピックの年に”ミロ”のCMに影響を受けて卓球部に入り、シェイクハンドで王子サーブのマネをしていました。
高校生時代は泳ぎは苦手なのに水泳部でした(ブレスト専門)。

また、国産バイリンガルを夢見て、不得意ながらも英語をマイペースで学習しています。初めて受けたTOEICスコアは345点と全くダメでしたが、3年後には770点まで上昇しました。
(語学力そのものよりも、英語の勉強方法やトレーニング方法ばかりに長けてしまってます。。)

そのほか、今2歳の息子の父親として妻とともに子育てにも奮闘しており、日々息子の成長に驚きと喜びを感じています。