HOME > 資金調達

資金調達

資金調達のポイントについて

資金調達とは

資金調達とは、事業を行う上で必要となる資金を借り入れなどの方法で集めることをいいます。
資金調達の一般的な方法は、金融機関などから借り入れるのが代表的ですが、その他にも、助成金、補助金の利用、または、社債の発行、増資など実は多くの方法があります。
しかし、それぞれの方法には長所もあれば短所もあるので、状況に応じた選択を適切に行う必要があるでしょう。

なぜ資金調達が必要?
借り入れの目的
借り入れの目的のイメージ

資金調達といえば金融機関が相手となります。金融機関では借り入れの種類を一般的に「運転資金」と「設備資金」に分けております。運転資金とは、仕入・買掛金の支払いや家賃等、事業を行っていく上で必要となる資金です。支払いと入金とのバランスが取れていれば問題はないですが、ボーナスの支払いなどで、一時的に支払いと入金のバランスが崩れ、支払いの方が入金よりも多くなれば資金が足りなくなります。この埋め合わせをするのが、運転資金になります。設備資金とは設備を投資する為の資金となります。当然ですが、投資になりますので、リターンが必要となります。

リターンとは

お金が貯まるまで、投資をしなければ資金調達は必要ありません。しかし、お金が貯まるのをまっている間にチャンスを逃してしまうかもしれません。そのような時に設備資金の調達、つまり借入が必要となります。

利益計画は借入前の第一歩

運転資金、設備資金も資金調達の前には利益計画が必要となります。当然のことながら、借入金は事業の利益からしか返済ができないからです。まず1年間の月次計画を立てる必要はあるでしょう。

資金調達に必要な書類

金融機関提出書類
事業計画書
事業計画書のイメージ

「事業計画書の提出は必要?」という質問が多くあります。しかし、これはケースバイケースです。
しかし事業計画書はできるだけ提出することをオススメします。
特に創業時は融資の実績がないので、事業計画書は非常に重要視されます。

大きな金額の融資を受けるのであれば、それ相応の説得力が事業計画書の内容に求められ、事業計画書で説得することの他、しっかりと説得力のある事業計画書を作ることができる人物かどうかを見極める意味合いもあります。

事業計画書は経営を行う上で、最も重要なバイブルの一つでもあります。
事業計画書を適当に仕上げて事業を成功させようとすることは、直感で経営をすることと同じです。
また、綿密にプランを立てても、そのプランが現実離れをしているのであれば、ただの「机上の空論」と見なされる可能性もあります。

税理士による資金調達のメリットは、そのような失敗をしない 事業計画書の作成ができます。