SWOT分析事例

SWOT分析事例その2(新規開業に伴う分析事例)

新規開業された歯科医院様と実施したSWOT分析事例をご紹介します。

この医院は駅より徒歩10分の立地にて土地を購入し医院建物を建築されました。

無事開業された後、今後どのような医院づくりに向け、何を行っていくかを院長先生と検討するためにSWOT分析を実施しました。

院長先生が努力家で真面目な性格であるために自医院に厳しく、院長先生に上げて頂いた項目も「弱み」のカテゴリーのものばかりが多くありました。

特に院長のご自身への厳しさはそのままスタッフのスキル面にも向けられ、スタッフの能力が要求レベルに達していないことが院長の手間の増加にも繋がっており、結果として院長自身のための時間が中々とれない、とのお悩みもお持ちでした。

また、今のままではどこにでもある普通の歯科医院という印象で定着してしまう、との問題意識や、医院として患者様に提案できる治療オプションが少ない点も弱みとして上がりました。

そこで、SWOT分析により把握された現状課題を基に、次の流れで施策を整理していきました。

・ 来院患者に対し、医院が提供できる治療法、お悩みに対するより良い解決法のパターンがあることを見せていく

・ 提案できる治療法や解決法の充実のため、院長先生自身の医療技術の向上のための努力を積み重ねていく

・ そのためには、院長先生が技術向上のための時間を確保できるようにする

・ そのためには、スタッフの生産性を高める必要がある

・ そのためには、スタッフの意識や熟練度などのスキルアップを支援していく

・ そのためには、スタッフ自身が自ら成長したいと思える環境づくりを支援する


よって、まずは 今の医院スタッフがのびのびと働いてもらえるような雰囲気づくりから始めることとしました。

特に、院長先生のスタッフに対する目が少し厳しい部分も見受けられたため、次の2点を意識頂くよう提案しました。

・ スタッフの欠点ではなく、良い部分に着目し誉めて伸ばすようにする

・ スタッフへの尊重を示すよう「ありがとう」という言葉を欠かさない


取り組みとして派手さはありませんが、長期的な視点に立ち、また、すぐにできるところから、まずは一歩を踏み出して頂きました。




投稿者 アルトブリッジ税務事務所 | 記事URL